Page: サプリメントで認知症を救えるのか?

認知症サプリメント

サプリメントで認知症を救えるのか?

もの忘れ・・・・。

ストレスがたまったとき、忙しくてテンパっているときなど年齢に限らず、起きるものです。

テレビなどでも認知症改善ということで、少しでも頭を使う、考える習慣をつけるなど、日常生活の中で予防を促していますね。


それに合わせて、
サプリメントも、今後大きな社会問題となる可能性の高い認知症に対して効果のあるサプリメントの販売が求められています。


そのため、医療業界や各メーカーでは認知症に有効的な成分の研究・開発が行われており、脳にいい影響を与える成分も少しずつ分かってきています。


しかし、それで認知症を救えるのかというと難しいところです。


なぜなら、一口に認知症といってもその症状の現れ方には個人差があり、また病を引き起こす原因もいまだ特定されていないからです。


このような状況で、確実に効果があるといえるサプリメントを開発することは難しいといえます。


ただ病気を予防したり、症状の進行を遅らせたり、緩和させる効果がある成分は現時点で分かっていますので、早めのうちからそうした成分の入ったものを利用することで、病の発症を予防したり、発症しても症状を遅らせることは可能です。


当サイトでは、物忘れ・ボケ防止として定評のあるサプリメントを紹介します。


認知症サプリメント紹介

リファブレン
ココナッツオイル、DHA、いちょう葉エキスなど5つの成分配合で「考える力」にアプローチした健康補助食品
ボケ改善 サプリ
リファブレン
 >>公式サイトはこちら<< 




ボケ防止

 >>公式サイトで口コミを確認する<< 
リファブレン






ボケ防止・認知症に効果が期待できるサプリメント

認知症サプリ認知症はかつて痴呆症と呼ばれていました。生後正常に発達した精神機能が慢性的に減退し消失することで記憶力、判断力に障害などが起こり、日常生活、社会生活に支障が出ている状態です。

認知症患者の60%がアルツハイマー型といわれていますが、生活習慣病との関連があるとも言われています。定期的な運動習慣を心がけバランスの取れた食事を摂ることが認知症の予防につながることにもなります。

食事で補うのには無理があるので、サプリメントの活用があげられます。
まずは水素です。細胞を酸化、老化させてしまう悪性活性酸素を選択的に除去します。症状の度合いを軽減し進行を防止、遅らせる効果が期待できます。

次に、オメガ脂肪酸。記憶力、学習力などをつかさどる海馬という部位にARA(アラキドン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれていますが、加齢とともに量が減少するからです。

あとは、ビタミンB12。脳細胞が萎縮するアルツハイマー型認知症においても脳細胞を生成するためのたんぱく質合成、核酸合成を促進する働きがあります。

あくまでも薬ではないので生活習慣上の問題がある場合、予防に期待できないこともあります。




軽度のアルツハイマー型認知症にサプリメントは有効か?
アルツハイマー型認知症 サプリ最近人の名前が思い出せなくなった、やろうと思っていたことが思い出せない、昨日の食事を思い出せない・・・ただの物忘れかと思って何もせずにいたけれど、検査をしてみたら認知症を発病していた。

こんな状況は特別な人のものではなく、誰の身にも起こりうると言われています。
アルツハイマー型の認知症になるまでには時間がかかり、この病気の進行には女性ホルモンのエストロゲンが深く関係していることが判明しています。

アルツハイマーの診断を受けたら現時点では完治する薬はありません。けれども病気の進行を遅らせることは現在は可能になりつつあります。そのためには症状がまだ軽度の内からしっかりと脳のサプリメントを摂る事が大切になります。

ホスファチジルセリンのサプリメントを摂ることで、脳を元気に保つ効果が期待できます。認知症になってしまえば手遅れだとしても、サプリメントを上手に活用することで、軽度の認知症の内に症状の進行を遅らせることはできる可能性が高いのです。
更年期ならマカサプリメントがおすすめ




もの忘れに効果がある話題のサプリメントとは?
もの忘れに効果がある話題のサプリメントとしては、脳内の細胞の働きをサポートするDHAを含んでいるものが一般的に流通していて、基本的には青魚の油を主成分にして作られている健康食品ですが、これを服用すると血管の流れを改善して、脳内の神経伝達物質の働きをサポートすることが知られています。

認知症になると脳を作っている細胞が徐々に消失することで、起きる病気ですが、DHAなどのサプリメントによって脳の血流を良くすることができるので、細胞を守ることができます。

人間の脳の仕組みは複雑なので、現在でも研究が進められているのですが、使えば使うほど神経伝達物質が増えて、認知症などを遅らせる効果があるとされているので、サプリメントを飲むことと一緒に脳の運動としてパズルをしたり、体を動かしたり、指を使った趣味などをするで予防することができます。

また高齢者になって、運動などをしないで閉じこもっていると、脳の神経細胞が退化するので、それによってボケの症状がでることが知られています。
DHAサプリ@DHA・EPA人気サプリランキングなどこちら
DHAサプリ公式ホームページへ


Comments are closed.